辞めた理由を志望動機につなげよう

病院を辞めるときは、引越しや結婚などによるライフスタイルの変化やスキルアップのためなどの他に、人間関係や勤務態勢、給与などへの不満などがあります。ネガティブな退職理由は、面接などでは前向きに変換して伝えましょう。

後ろ向きな不満などは、転職先にそのまま話すにしては印象が良くありませんよね。

 

面接では、前の職場が嫌だったなど、否定することは避け、前向きな理由を伝えるようにしましょう。
不満に思っていたということは、改善したかった部分でもあります。実際にそこを改善するために何か行動を起こしていたのではないでしょうか。

 

あなたの不満と病院の特徴をつなげる

たとえば、仕事が忙しすぎて患者さんと向き合う時間が取れなかった場合。患者さんとしっかり向き合いたいという気持ちは、前向きなものです。そのために、自分はどんなことをしてきたのか。この病院では、そこに力を入れているから志望したなどと答えることができますよね。

 

勤務時間が長くて嫌だった場合は、もっと短くしたいというのが希望ですよね。残業をせずに済むように何か工夫したり実践したことはなかったでしょうか?
そして、「仕事の効率かに取り組むこの病院で働きたいと思いました。」と繋がるのです。

 

不満を裏返しにしたものが、あなたが仕事に求めるものです。それと病院の特徴、取り組みと結びつけてアピールするのが、面接官が納得する方法です。
もしも、あなたがただ不満に思っているだけで何も行動を起こしていないのなら、できることにチャレンジしてからの方が転職が前向きなものになるでしょう。

 

あなたがこれまで取り組んできたこと、そしてそれが新しい病院ならさらに発展できると、一貫した方向性を示しましょう。