看護師が人間関係に疲れたら…楽しい職場へ転職しませんか?

新人看護師は、ただでさえ慣れない仕事で大変です。そのうえ先輩やプリセプターとの人間関係でもストレスがたまったら疲れてしまいます。経験を積んだナースでも、いじめやいびりが当たり前の現場では働きたくないですよね。

 

どうしてあの人はあんな態度なんだろう?どうしてあんなことを言うんだろう?
そんな風に、他人に変わってもらいたいと思っていませんか?
あなたが変えられるのは、自分だけです。他の人の行動まで決められるはずもありません。
相手に対して、どういう態度を取るのか。自分で変えられることを、まずは変えてみましょう。
自分からどんどん話しかけるようにしたら、嫌な人だと思っていた先輩が、実は意外と良い人だったなんていうことも、よくある話です。

 

ただ、同僚だけでなく、患者さんの悪口まで言うような環境で仕事を続けたいですか?上司に相談しても職場環境が改善されないようなら、転職も視野に入れましょう。職場で孤立するのはとても辛いことですよね。
悪口やパワハラの無い、雰囲気の良い病棟もあるんです。チーム医療を意識した病院などは、比較的スタッフが信頼し合あえる空気があるようです。

 

看護師の転職支援サイトに登録すれば、病院の内部事情も聞けますし、見学のアポインなどもすべてやってくれるので気兼ねなく自分の目で確認することができます。

 

時間をかけて気持ちをリフレッシュしたいなら、沖縄・離島の看護師求人を探すのもひとつの方法です。
半年間、沖縄の病院で働くという離島ナースも増えています。

 

今働いている病院が最悪だと思っているなら、辞めたいと思っているなら、あなたが行動するしかないんです。
誰かに、転職は逃げだと言われるかも知れません。でも、逃げたっていいんです。
まずは自分を守りましょう。

病院を辞めるときは、引越しや結婚などによるライフスタイルの変化やスキルアップのためなどの他に、人間関係や勤務態勢、給与などへの不満などがあります。ネガティブな退職理由は、面接などでは前向きに変換して伝えましょう。

どこの病院も看護師が不足しています。そのため、辞めたいと伝えても引き止められてなかなか辞められないことも。そのまま無理をしてうつ病になってしまう看護師さんも。どうすれば辞められるのでしょうか。

やる気満々で入職した病院で、プリセプターがあなたに意地悪だったら…ただでさえ新しい環境に不安な上に、先輩からのいじめがあったら大変です。どうしたら良いのでしょうか。

新しい環境に馴染めず、精神的にまいってしまう五月病。4月入職の新人に限らず、中途入職者で悩んでいるひともいるでしょう。

 

真面目で頑張ろうとしている人ほど、五月病になりやすいといわれています。
ナースが五月病になってしまうのには、特別な原因があるのでしょうか。

特に嫌がらせを受けたわけじゃないけれど、なんとなく苦手な先輩っていませんか?どのように接すれば良いのでしょうか。

 

まず、あなたが苦手だと感じる理由はなんでしょうか?自分が嫌われていると感じているのかも知れませんね。
先輩があなたに対して少し冷たいのかもしれません。だからといって嫌われているとは限りません。